インドに来た最初の目的はyogaをさらに学ぶことだったが、南インドに来てからは完全に「インドスピリチュアルな旅」になっている…

それもこれも、全てきっと今のわたしに必要なことなのだ


アルナーチャラのtopまで登りたいなぁって思いながら数日が経った


何人かに連れて行ってあげる。と言われたが、うーん。ありがたいのですが…

1人はチャラチャラっとした、兄は日本に行ったことがあって、ぼくも日本が好きなんだよ〜!みたいなインド人男性…(・_・;


この人と神聖なアルナーチャラを登る…


うーん(;_;)


違う男性はアメリカ人で、ティルバンナマライにきて15年以上
ずっと師匠のもとで瞑想を学んでいる


でも、直感が働かない


わたしはインドに来て、危険なことや、嫌なおもいは今のところ1度もしていない

夜中にデリーに付いて、ホテルで数時間過ごし、まだ暗いうちにデリーからリシケシに向かう駅で、
「このチケットでは乗れないから、払い戻ししてもらいな。」
と言われ、電話もないし、払い戻しって言っても窓口は開いてないし。
ががーん(・_・;と思ったのが最初で最後!
今思い出しても、心臓バクバク

結局、強行突破で5分前に電車に乗れたのですが…

デリーはイヤだ
リシケシで出会ったインド人も、デリーには1人では行きたくないよ〜って言っていた 笑

でもそれっきり
もちろん小さな なんなのよ!ってことはたくさんあるけれど、性格上すぐに忘れてしまうか、イラっとする代わりに、笑っちゃう

本当にインドのイラッ!はなんでだか笑えちゃうのですね
きっとそのくらい なんだかヘンテコなのです…

たまにムカっとして、キ!!ってなると、なんだか すまん みたいな顔をしてるんだけど、ケロっとしていたり…笑

リクシャーマンと言い合ってもやっぱり笑ってしまう


もちろん 最大限気を付けるところは気を付ける。後は最大限オープンにいく!
そんなことを心がけている


でもやっぱりインドに来ることで、家族や友達、生徒さんにもたくさん心配をかけている。色々な事件が日本でも報道されていた時だった…

だからわたしはいつだって元気に過ごし、日本に帰らなくてはいけない!
と心のどこかではいつも思っている

でもでも…

やっぱり疑ってばかりでは、インドは絶対に楽しめないのも事実で、こちらがオープンになればなるほどインドは面白い!!
そんな風に直感を働かせながら、行動をしている。


真っ暗な山道をその人たちと2人で登る気にはなれず、登らなかった。
そしてわたしは「その時」を待っていた…


ある日、何度か行っていたネットカフェに行ったが、ランチタイム。ランチタイムが2時間半…長い(;_;)

仕方ない…
初めて行く郵便局での用事を済ませ、手前にネットカフェがあったのを見た。郵便局の並びすぐにも2件

こんなにあるんだ
よかった!


わたしは迷わずその真ん中のネットカフェに入った



そこで、ある人と出会うことになる



なんだか長くなりそう
続き、また書きます…


記憶日記みたいなものです
時間があったら読んでください


namaste